買ってからしばらく放置してたデカDynabookを弄ってみる。
モノは、東芝のDynabook Satellite 2250 SA60C/4C2。詳しくは コチラ
Dynabookの中でも企業ユース向けのやつなのかな。 飾り気が無く質実剛健な感じで個人的には好み。
ThinkPad好きだしね。

スペックとしては、Celeron600MHz,Mem64MB,HDD無し,ACアダプタ無しという状態で購入。
QC-PASSで10,000円でした。ジャンクにしてはかなり高いね。
筐体的には特に傷も無く、K/Bも綺麗でした。
隣に同じ値段でバキバキものが売られているあたりが面白い。さすがはQC-PASS。
BIOS OK&HDD無しということで大きな問題は無いだろうとふんで購入しましたが、
普通に考えてジャンクに一万出すくらいなら、もっと安いの探しますわな。
たまたまその時期にceleron500〜600MHzくらいの手頃なのを探していたので、 渡りに船と購入しましたが。
まぁ、メモリもHDDもACアダプタもいくらでも所有してるので、個人的には安い買い物だったと思うのですが、
何にも他に持っていない状態からはじめると高くつく感じ。
あと、個人的にはこのシリーズ用のバッテリーを大量に所有してるというのも、 理由としてはでかいかも。
同じ値段だったらSatellite1800よりSatellite4600選びますもの(苦笑


で、とりあえず購入時にFDDからの起動とCDDの読み込みは確認してるので、
さっさとHDDを突っ込んでOSをインストールすることに。 OSはWindows2000にしてみました。
さすがにW2kでメモリ64MBはつらいので、そこらへんに転がっていた128MBのメモリを追加することに。

メモリー増設の方法自体は簡単。

まずはK/B上部の目隠し板を外す
キーボード上部の目隠し板
K/B上部の目隠し板を外すとネジが二つ見えるので(黄色の矢印部分)それも外すと簡単にキーボードが跳ね上げられます。
目隠し板内部のネジ位置

このあたりは、古めの東芝のノートPCに共通ですね。
#最近のは弄ったことが無いので知りませんが(苦笑
後はネットワーク部分のネジ(矢印部分の二本)を外してから、そこをゆっくりと持ち上げると、
ネットワーク用パーツ

メモリ増設ソケットが現れます。
メモリソケット

Satellite 2xxxシリーズは廉価版ということなのか、チップセットがTXなので、
チップセット自体のメモリ上限が256MBになってしまっています。
オンボードで64MB搭載しているので、追加できるのは128MBまで。
ちょっと残念ですが、192MBも有ればw2kでoffice2000あたりを動かすにはそれほど不足は無いでしょう。
4xxxシリーズだと320MB搭載できるので、XPでもそこそこ使えるんですけどね。


OSのインストール自体はとても簡単。
CDから起動して普通にインストールすればインストールできます。
W2kだと、特にドライバを入れる必要も無いのでつまらないくらい(^^;

しかし。
さて、どう使いましょうかね?