独特なポインティングデバイスで前から気になってた小型ノート、FMV-NC313を購入。
FMV-NC313とAL-N4
右がFMV-NC313、左はLetsnote AL-N4です。どっちもコネクタボックス付。大体同じサイズですね。

FMV-NC313
単体で見るとこんな感じ。こうして見るとあんまり気が付かないけど、液晶画面に結構傷がついてる。
コネクタボックスと外付けFDD有り。

FMV-NC313 後ろから
後ろから見るとこんな感じ。コネクタボックスにUSBが二個ついてる。
コネクタボックスの重さ自体はたいした事無いけど、持ち歩くにはちこっと邪魔かな。

スペックは コチラ
改造点はメモリが96MBになってるくらい。

早速OSのinstall。選んだのはWindows98SE。
installは特に問題なく進む。唯一VIDEOのドライバーがOSの標準には無い。
webを検索してみた結果、 コチラ のが使えるとの事。試した結果問題なく使用可能でした。

バッテリーは残念ながらほとんど持たないみたい。10分くらいかな。
後で適当にカラ割して、セルの詰め替えでもしましょうかね。

使用した感じでは、意外とポインティングデバイスが使いやすくてびっくり。
さすがにもともとついてた奴はハゲハゲだったので、Libretto60用のキャップに付け替え。
サイズがちょっと違うんだけど、無理やり入れれば一応入りました。
ポインティングデバイス
左がもともとついてた奴。見え辛いけど、上面がハゲハゲになってます。右はLibretto 60用のキャップ。ちょっと大きめ。
ポインティングデバイス2
裏から見るとこんな感じ。穴はLibretto用のほうが小さめ。でも無理やり入れれば入る。
付け替えると、サイズがちょっと大きめな分ポインタを動かすのに力が要らなくて良い感じ。

動作はさすがに遅いけど、win98SEならまぁ我慢できる範囲内でしょう。
適当に取ったベンチマーク結果は以下の通り。
 ★ ★ ★  HDBENCH Ver 2.610  ★ ★ ★ 
使用機種   
Processor  Pentium(MMX) 133.6MHz [GenuineIntel family 5 model 4 step 4] 
解像度     800x600 65536色(16Bit)  
Display    NeoMagic MagicGraph128XD
Memory     97,364Kbyte
OS         Windows 98 4.10 (Build: 2222)  A 
Date       2004/ 9/27  23:26

HDC = Intel 82371AB/EB PCI Bus Master IDE Controller
HDC = プライマリ IDE コントローラ (デュアル FIFO)
HDC[?]=セカンダリ IDE コントローラ (デュアル FIFO)

C = GENERIC IDE  DISK TYPE40    

  ALL   浮    整    矩    円   Text Scroll DD  Read Write Memory Drive
 4880  7761  8244  5678  1352  4079    75   3  5995  5861  7969  C:10MB
…正直見ても良く分からないな(苦笑
色々改造できるみたいなんで、暇になったら色々遊んでみたいと思うでス。
.
.
.
.
参考リンク
FMV BIBLO NC313D改造記
分解・改造等の情報が詳しい。
megabuck(内FMV-BIBLO NCIII13の項)
同上。
FM/V BIBLO NCのページ
BBSのみです。

もどれる